2010年03月31日

工事現場に男性遺体=遺棄容疑で20歳男逮捕−茨城県警(時事通信)

 茨城県稲敷市の工事現場に男性の遺体を埋めたとして、県警捜査1課などは24日、死体遺棄容疑で同県龍ケ崎市、土木作業員飯嶋翔太容疑者(20)を逮捕した。同課などによると、同容疑者は「女性トラブルから数人で暴行し、死んでしまったので1人で埋めた」という趣旨の供述をしているという。
 同課などは、遺体は龍ケ崎市に住む溶接工の男性(18)とみて身元確認を急ぐとともに、男性が死亡した経緯を調べている。 

【関連ニュース】
【特集】逃走2年 英国人女性死体遺棄〜事件の経過を振り返る〜
電線撤去中に電柱倒れる=作業員の男性死亡
同僚殺人、3人に懲役19〜10年=裁判員ら「間に休日を」
自宅アパートを検証=女性会社員遺棄事件
現場責任者ら2人を書類送検=作業員死亡事故で

国家公務員の懲戒28%増、「ヤミ専従」影響(読売新聞)
政倫審での弁明否定=小林議員(時事通信)
亀井氏が前田日明氏への出馬要請認める(スポーツ報知)
元臨時工拘束も中国各紙口ふさぐ「毒ギョーザ事件」報道規制(スポーツ報知)
トラブル後も速度20キロ超過 大阪市営地下鉄ずさん運行(産経新聞)
posted by コウ カズイチ at 15:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

組織のゆがみ指弾 高松塚劣化、あぶり出された「人災」(産経新聞)

 縦割り行政、問題先送り、身内意識…。文化庁の調査検討会が提出した報告書は、同庁に旧来しみついた「お役所体質」とともに、壁画保存に取り組む現場担当者に責任を負わせた組織のゆがみも指弾していた。劣化について明確な隠蔽(いんぺい)の意図はなかったとされるが、国民に公表せず、第三者によるチェック機能のマヒが劣化につながっており、「人災」の側面が改めてあぶり出された。

 報告書では、石室周辺の温度などを調整する保存施設の完成(昭和51年)を契機に、文化庁内の緊張感が欠如したと指摘。「近代的な施設(保存施設)が完成し、安堵(あんど)感にも似た心理が広がった」とし、チェック機能を果たす「保存対策調査会」が同年以降、開かれなくなった背景にも、組織的な気の緩みがあったとしている。

 当時の文化庁担当者は「調査会については引き継ぎも受けていないし、存在自体知らなかった」と証言。報告書では「調査会は有名無実化した」と記されたが、文化庁内部では「名」さえ忘れ去られていた実態が浮かんでいる。

 一方、文化庁の体質について、壁画管理体制が問題となった平成18年当時、文部科学相として対応に当たった小坂憲次氏は「文化財はすべて自分たちが管理するという意識があった。『国民とともに』という謙虚な姿勢に欠けていた」と指摘する。

 当時の文化庁関係者は「調査会が年に一度でも開かれていたら、外部の専門家の知恵を集めて劣化について幅広く議論できたはず」とし、「結果的に現場担当者だけに問題を抱え込ませてしまった」と悔やむ。

 報告書の内容は、24日に文化庁で開かれた学識者らによる「古墳壁画保存活用検討会」でも報告され、「人災」の側面について議論が集中した。白石太一郎・大阪府立近つ飛鳥博物館長(考古学)は「文化財保存の専門集団である文化庁が保存対策で不手際をしながら、報告書は抑制した表現になっている。もっと厳しく書くべきだ」と述べた。

 これに対し、報告書をまとめた劣化原因調査検討会の永井順國座長は「犯人捜しではなく、冷静な調査を心がけた。ただ、当事者にとっては厳しい内容になったはずだ」と話した。

【関連記事】
高松塚壁画の劣化 昭和55年ごろから深刻化
高松塚古墳近くで土砂崩れ 墳丘本体への影響なし
高松塚古墳の昭和48年の調査映像を発見
高松塚古墳壁画の劣化 研究者ら厳しい指摘
壁画発見のきっかけ、なぞの「切石」公開 高松塚古墳

反対派住民が説明会阻止(産経新聞)
天皇、皇后両陛下 京都の重要文化財、碧雲荘を視察(毎日新聞)
<姫路爆発事故>支管3カ所で可燃性ガスを検知 現場検証で(毎日新聞)
長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)
「日本は日米合意を尊重するだろう」 普天間問題で米司令官(産経新聞)
posted by コウ カズイチ at 17:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月27日

シュワブ陸上案に反対=名護市長(時事通信)

 沖縄県名護市の稲嶺進市長は26日午前、同県庁内で記者団に、米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)の移設問題で政府が検討中のキャンプ・シュワブ陸上部(名護市など)への移設案について「分散案にしろ何にしろ、わたしは海(シュワブ沿岸部案)はもとより陸にも反対だ」と強調した。
 また、「県議会と市議会が反対を決議した。こういう環境の中で、受け入れられる要素は全くない」と名護市への移設は困難との考えを示した。 

【関連ニュース】
普天間移設案「慎重に検討」=米大使
埋め立て案に反対=福島消費者相
訓練の県外移転案に否定的=空陸の一体運用に支障
沖縄県民と米国の理解得る=普天間、5月決着強調
防衛相、普天間は「分散移転」を検討=沖縄知事と会談、外相は米大使と

<環境省>温室効果ガス25%減でもGDP増 検討会試算(毎日新聞)
宇治茶 大規模茶園が京都府に完成 大型機械で率化図る(毎日新聞)
製造番号確認で盗品排除を=ネット出品のカーナビ−警察庁の懇談会が提言(時事通信)
山梨県の建設業者60社に立ち入り検査 公取委(産経新聞)
<立山黒部アルペンルート>雪原にくっきり「蛇」(毎日新聞)
posted by コウ カズイチ at 20:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。