2010年02月15日

山形大 「文章のいろは」必修科目に(毎日新聞)

 「やばい」「微妙に」といった話し言葉を文章でも使う学生が目立つことから、山形大は「話し言葉を書かない」など新入生が大学で学ぶうえでのいろはを教える「スタートアップセミナー」を4月から新入生の必修科目とする。専用テキストを作った立松潔教授(経済学)は「文章能力の衰えを感じる。必修にしないと、基礎的なことができない学生が受講しない」と話している。

 立松教授によると、山形大では最近5〜6年で、答案やリポートに話し言葉を使ってしまう学生が目立つようになった。立松教授は「早急に学生のレベルを底上げする必要を感じた。できる学生とそうでない学生に開きがある」と危機感を抱いている。

 セミナーは週1回90分にわたって「主語と述語、修飾語と被修飾語は近づける」「話し言葉を持ち込まない」など初歩的な作文方法などを解説。リポートやディベート、情報収集の方法についても図で説明する。今までも似た講座はあったが選択科目だったため、興味のない学生は受講しなかったという。

 専用テキストのタイトルは、米沢藩第九代藩主上杉鷹山の名言を借りて「なせば成る!」。840円で新入生全員に購入してもらう。「作文力を高めよう!」「文の書き方の原則」「授業ノートのとり方」など26項目を説明。「文の長さは30〜40字くらいを目安とする」などと記している。文部科学省大学振興課の担当者は「大学生に対し、これほど基礎的なことをテキストまで作って教える例は聞いたことがない」と話している。【細田元彰】

【関連ニュース】
三谷雅純の霊長類学の窓:ヒトは人のはじまり/64 わたしの文章作法
村上春樹氏インタビュー 僕にとっての<世界文学>そして<世界>(08年5月12日)
瀬戸内寂聴さんインタビュー:50年以上の作家生活で初めての、横組み絵文字入り小説(08年12月)
センター試験:個性重視、自由選択を掲げて20年 基礎学力低下の懸念も
習熟度別授業、小中学校で急増 「学力低下」背景に…反対意見も根強く 09年6月

<救急隊誤判断>「死亡」と引き揚げ…男性、警察で目開ける(毎日新聞)
<派遣法改正>通訳など専門26業務も 首相(毎日新聞)
みんなの党、じわり存在感…民主・自民も警戒(読売新聞)
米の防衛義務、竹島には「生じない」 政府答弁書(産経新聞)
新日鉄名古屋製鉄所を捜索=敷地から強アルカリ水漏出−名古屋海保(時事通信)
posted by コウ カズイチ at 09:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

倉庫からビア樽窃盗 容疑の男「3年間で1万5千個」(産経新聞)

 酒販売業者の倉庫から空のビアだるを盗んだとして、警視庁西新井署は窃盗の疑いで、川崎市多摩区菅北浦の無職、落合克己容疑者(51)を現行犯逮捕した。同署によると、落合容疑者は「新宿や中野、練馬などで少しずつ盗み、3年間で約1500回、1万5千個を盗んだ。転売して約1500万円を得て、借金返済や生活費などに充てた」などと容疑を認めているという。

 同署によると、落合容疑者は川崎市内でコンテナを借り、盗んだたるを保管。約140個集めると買い取り業者に500〜1500円で転売していたという。

 逮捕容疑は1月26日午前1時半ごろ、東京都足立区小台の酒販売業者の倉庫に、チェーンを外して侵入。20リットル用のアルミ製の空ビアだる32個(計3万2千円相当)を盗んだとしている。

 物音に気付いた男性従業員(29)がトラックの陰に隠れている落合容疑者を発見、取り押さえて署員に引き渡した。

【関連記事】
自社のベビーカーなど260点運び出す 窃盗容疑で会社員逮捕
ネットで売り飛ばす? 富士通系社員が自社カーナビ窃盗
バス共通カード2千枚盗む 容疑の警備員逮捕
貸倉庫に500点以上…制服ドロの正体を直撃
パワーショベルで野球場破壊、少年を逮捕 「ニート生活のうっぷんばらし」

対北朝鮮、連携強化=外相、韓国大統領と会談(時事通信)
<SL>「重連運転」ファン魅了 北海道釧路湿原(毎日新聞)
大村市議会決議「反対で結構」=普天間移設先めぐり官房長官(時事通信)
<土地購入事件>石川被告「議員で頑張る」 地元道議に電話(毎日新聞)
就職氷河期も学生の額に汗 池袋・サンシャインで企業説明会(産経新聞)
posted by コウ カズイチ at 15:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

年金照合、2年間で4割どまり=野党は「公約違反」と批判−厚労省(時事通信)

 厚生労働省が年金記録漏れ問題対策として2010年度から取り組む古い紙台帳とコンピューター上の記録との照合作業が、2年間で全体の4割程度しか実施できない計画であることが、9日の衆院予算委員会で明らかになった。民主党は衆院選マニフェスト(政権公約)で、年金記録問題に「2年間集中的に取り組む」としていたが、野党は「公約違反だ」と批判している。
 この計画は、自民党の大村秀章衆院議員が予算委で紹介した厚労省提出の資料から判明した。厚労省は昨年10月の10年度予算の概算要求段階では、2年間で7割の照合を終える予定だったが、年末の予算編成で記録問題対策費は半減され、照合費用も789億円から427億円に減額。その結果、照合の実施計画は10年度が「全体の1割」、11〜13年度は「各年度2.5〜3割」に修正された。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏「これ以上の説明はない」〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

【町工場から五輪へ】(4)スピードスケートの砥石 (産経新聞)
広島市、今年度中の「子ども条例」提案を見送り(産経新聞)
医療関係者への自殺対策研修を強化―政府が緊急プラン(医療介護CBニュース)
男子高校生、改札口で背中刺される=中年男に突然−徳島(時事通信)
<平野官房長官>外交機密費上納 官邸の調査不能(毎日新聞)
posted by コウ カズイチ at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。